電子書籍出版について

電子書籍出版は、紙の本と比較して、印刷製本費や書店流通管理費などが不要なため、低コストで出版することが可能です。弊社で出版いただいた書籍はもとより、他社で出版された書籍も電子書籍化するためのお手伝いをさせていただいています。
電子書籍は、業務提携している「社団法人 日本電子書籍館」に掲載して“立ち読み”形式でその内容の一部をご覧いただけるほか、アマゾンKindleで販売するためのご支援もしております。そのほか、編集済みの電子書籍データを、オンデマンド出版 (注文を受けてから1冊ずつ制作する書籍)で、紙の書籍として制作もしています。
過去に出版した紙の本の在庫がなくなり、絶版状態にある書籍も、こうした電子書籍として出版するとともに、オンデマンド本としての出版、販売ができます。お気軽にご相談ください。

※電子書籍の出版にあたっては、著作権者などと「著作物利用許諾」や「出版、販売委託契約」などを締結してからの制作となります。

電子書籍のサンプル

EPUBリーダ〈BiB/i〉の場合、このような形で読むことができます。
自分史の手引き(サンプル)
※電子書籍を読む場合に利用するリーダーや端末によって見え方は異なります。

アマゾンKindleでの出版について

印税(ロイヤリティ)率

アマゾンKindleで出版した場合、ロイヤリティが35%と70%の2つの選択肢があり、どちらか一方を選ぶ必要があります。ロイヤリティの大まかな違いとしては下記のようになります。

ロイヤリティ35%(65%はアマゾン)
(例)1,000円で販売すれば350円が手元に残る。
・他サービスで販売することが可能(楽天koboなど)
・価格は99円〜20,000円と上限値を高く設定できる

ロイヤリティ70%(30%はアマゾン)
(例)1,000円で販売すれば700円が手元に残る。
・KDPセレクトに登録し、アマゾンのみで販売(90日間は独占販売)
・価格は250円〜1,250円以内でしか販売できない
・紙版の同じ本よりも20%以上安くしなければならない
・Kindle Unlimitedに対応し、読まれたページ数収益が見込める

出版先

日本国内で紙で出版した場合、販売する国は日本だけになりますが、Kindleで公開すれば世界各国(Amazonが展開している国)に向けて出版ができます。

ファイル形式

Amazon Kindleでは下記がサポートされているファイル形式です。これらをKindle専用のMOBIデータに変換してから公開します。弊社の場合は版下データを元にEPUBファイルを作成します。

ファイル形式 Word(DOC/DOCX)/HTML/EPUB/MOBI/RTF/TXT/PDF

Kindle電子書籍リーダー

Kindle PaperwhiteKindleの電子書籍はスマホ、タブレット、パソコンにアプリを入れて読むこともできますが、Kindle専用の読書端末で読むのが一番おすすめです。E Ink(イーインク)という技術で文字を表示させているので、紙のように読みやすく、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくいのが特徴です。また反射しないディスプレイなので、明るい陽射しの下でも読むことができます。1度の充電で数週間利用が可能。Kindleのラインナップは下記の通り。

Kindle newモデル お手頃価格。前モデルにはなかったフロントライトを初搭載。解像度は167ppi。容量は4GB。Wi-Fiのみ
Kindle Paperwhite 最軽量182g。300ppiの高解像度で、小さな文字もくっきりキレイ。防水機能搭載。容量は8GB/32GB。Wi-Fi/Wi-Fi + 無料4G
Kindle Oasis 上位機種。Kindleシリーズ最大の7インチ、300ppiの高解像度ディスプレイ。アルミ軽量フレーム。防水機能搭載。ページ送りボタンあり。容量は8GB/32GB。Wi-Fi/Wi-Fi + 無料3G