「女子大生」、その大いなる使命