世界を変えることができるのは、子供たちだけだ

子供たちが虐待やいじめにあい、小さい命が危険にさらされている現実。年を重ねて、教育のあり方を考えるようになった著者が、著者なりの「おもい」を綴った1冊になっています。