本書は、発達に課題を感じる子どもの指導や支援に行き詰まったり、悩み疲れている多くの保護者や先生方にぜひ読んでいただきたい一冊です。発達に課題を感じる子どもの保護者と元学級担任が、それぞれの立場から子どもへの思いや指導・支援の仕方が、実際の場面の具体的な対応等を事例を通して紹介。これまで「がんばれ!もっとがんばれ!」と子どもたちを鼓舞することに力を入れてきた教師や保護者に、「子どもに変わって欲しければ、まず周りが変わりましょう、周りを変えていきましょう」という発想の転換を提案しています。