01トータルでの出版支援
ご相談、契約、原稿整理、編集、校正、デザイン(表紙、本文)、印刷、製本、納品、販売の全工程を経験豊富な専任担当者が著者との窓口となり、お手伝いいたします。

この中でも「原稿整理、編集、校正」はとくに重要になります。「ですます調」「である調」の混在、誤字脱字や文章が不正確なまま本にしたのでは完成後に後悔されます。弊社では専任担当者とは別に、第三者の視点からチェックするための素読み校正員が本文を読みこみ、校正の精度を高めるようにしています。著者のご意向や文体や表現は尊重しつつ、編集校正しますが、著者任せにせずに、出版に足るクオリティに高めるための必要な工程を経て出版しています。

02オリジナルな本づくり
表紙やカバーのデザインは、1作品ごとにオリジナルで制作しています。本文のレイアウトも内容に合わせ、最適な書体や行間などを考えて、オリジナルで一から全て組み立てています。

安易な出版サービスのように、定型フォーマットに文字を流し込んで制作するようなことは弊社はいたしません。用紙や帯、見返しの色なども作品ごとに選び、オンリーワンの本を制作しています。

03書店流通にも対応
弊社の書籍は、流通に不可欠なISBNコード、書籍JANコード、分類コードを付け、全国の書店やネット書店(amazonなど)、自社オンラインストアでの販売にも対応しています。

【書店流通での注意点】
書店流通扱いにした場合でも、店頭に陳列するかは書店側の判断になります。書店で注文して取り寄せることはできます。オンラインストアのみの販売や非売品扱いにすることも可能です。

04すべて込みのお見積
弊社では、出版するにあたっての必要な作業や工程等はすべて含んだお見積をご提示しています。オプションとして別請求することはございません。契約書は事前にご確認いただいたうえで、ご契約いただいております。

自費出版の場合は、日本自費出版ネットワークが掲げている自費出版契約ガイドラインに則した出版制作委託契約書で締結いたします。

格安・低価格出版をうたう会社の中には「原稿確認や校正は一切せず、完全データ入稿で、印刷と製本だけの価格」といった場合や必要な費用(編集や校正、デザインなど)をオプション料金としている場合があります。また、定型・汎用レイアウトだったり、紙質や製本が悪く、仕上がりが貧相になることもありますのでご注意ください。

05完成度の高い品質
印刷製本は大型専用設備と高度な専門技術が必要なため、豊富な実績と品質の高い印刷製本会社に依頼し、本の完成品質も高めています。

印刷は、発行部数や予算に応じて最適な印刷方法でご提案しています。少部数出版は、費用が抑えられるオンデマンド印刷を採用しています。発行部数が多くなる場合には、文字が精細かつ綺麗に印刷できるオンデマンド印刷も推奨しています。